<< リゾート大島 | TOP | 赤礁崎キャンプ場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
志摩オートキャンプ場
JUGEMテーマ:アウトドア!

11月初旬に 志摩オートキャンプ場 に行ってきました。

上の写真はキャンプ場の前にある 「あづり浜海岸」 です。
水が綺麗!!!
チェックインまで釣りをして遊びました。
収獲ゼロ。
(結論、ここにはおらん。どーりで釣ってる人おらんかったわん)


のっけから食べる話ですが 

左が 『バタ貝』  右が 『あらはだ

バタ貝
珍味です!

焼き上がり殻をあけてみると・・・
イカ墨みたいな黒い汁で 一瞬戸惑いましたが(わたが破裂したもよう)
醤油をさっとかけて、、
味は 磯じまんを彷彿させるような甘みと
なんとなく牡蠣のような風味とプリッとした食感もあり うまいーー♪ 

あらはだ
淡白で優しい味

炭火で塩焼き。
後に調べたら かますの仲間で、かますより大きくて
かますは塩焼き、あらはだは刺身が旨い!と どなたかのHPに書いてありました。
どおりで 半生くらいで食べると美味しいはずだっ♪ 
(しっかり目に焼くと何気に鯛っぽい感じ)

ん〜思い出したらまた食べたくなりました〜


  左: ぎゅーとら  
  右: アルファ志摩店(主婦の店)

買ったのは 右のスーパー 「アルファ志摩店」。
その近くの 「ぎゅーとら」の方が店内は小奇麗ですが
アルファの方は見た事ない魚がありハシゴをおすすめします。
キャンプ場から車で10分くらいです。



では、施設の紹介でごあす。

左から時計周りに トイレ(左側がランドリーになっています)
管理棟 → ゴミ捨て場 → 炊事棟の中

ゴミの分別に対しては 
この前行った 大島リゾート と同じくらいだったので何も思わず。

実は行く前にこちらのHPをみていて
注意事項も多く厳しそうなキャンプ場やな〜
ん〜 という印象でいましたが
                     
行ってみると・・・
スタッフの女性もテキパキしてて好印象。
ん?ん?とってもいいところ!!
そか。敷居を高くして戦法やったとは。 ちゃうか

  それにしても どこもかしこもとても清潔でキレイ。
  炊事棟の掃除後は水道の吐水口の向きまで統一されている、、。
  据え置きされているもの(スポンジ・洗剤)の位置も統一されている、、。
  思わず真似してみたりして
  きっと、A型の人ばかりなんやねっ? 
  りりやんもA型なので なぜか気分が良い。 むふふ


私達のサイトはBサイトの真ん中あたり
空いてるとスコーンと抜けていていい感じですが
仕切りがないので混雑時はお隣さんとの距離が気になるといえば気になるかな〜
それならフリーサイトのほうが自由でいい?


PサイトはペットOK



フリーサイト(ハイシーズンのみ利用可)


ちなみに 海辺のキャンプ場ということで 
車で少し走らせたところにある御座岬付近のキャンプ場も
リサーチがてら見て周りましたが美しさではココが一番。




【今回のニューアイテム】
鮎吉はランタンばかり買っています、、。




そして、、


初日に先客の方が余ったからといただいたマキで。
このおかげで 倍ほど楽しいキャンプになりました〜♪
ありがとうございました





ほなまたね〜


では、では、 志摩オートキャンプ場 の本音?!トークをば。

 
鮎吉: 出発してすぐにカーナビが固まってしまって大変やったな もう完全に壊れたと思って買い替えることを考えながら走ってたけどキャンプ場直前で復活してくれてバンザイやった


りりこ: もう寿命やと言い続けててすんましぇん、、

鮎吉: 志摩キャンプ場は人気があるだけに想像通り良かった! どこもかしこも綺麗で高規格キャンプ場やった!

りりこ: ね。 夜にシャーーシャーーーっと黒い物体が視界にはいる。。てっきり酔っ払っての幻想かと思いきや、、、、、、、、、、でした。ニャ〜


鮎吉: ただ、サイトの区割りが駐車場から駐車場て感じで垣根がなくプライベートが保たれてないのが残念

りりこ: 行った日は日曜日やったのでたっくさんのキャンパーがおられましたん。

鮎吉: 夜は外灯が22時までだけどこうこうと照らされ明るい。のはいいんだけどせっかく新しいランタンの威力がよくわからんかったぜ

りりこ: わかる日がいつかくるぜぃ この顔やっぱ好き

鮎吉: その外灯だけど炊事場まで消されるのは痛かったな せめて手動で点けるスイッチがあればいいのに

りりこ: え?ほんじゃうちら真っ暗な中で洗い物してたん? 全然記憶にございません。うぃ〜(消灯時刻を守りましょう

鮎吉: えー! 新しいランタン持って行って照らしてたん覚えてないん?
 こうやから
酔っぱらいはあかんねん

鮎吉:それからトイレは温便座付きのウオシュレットでgood!やったな

りりこ: ん?女性用は入って右側がその機能があると思う。左側しか使ってなかったもんで (何個かあるのにいつも同じトイレに入ってしまう習性をもつ

鮎吉: お風呂が近場になくて最低でも車で20分の距離は遠く感じたわ

りりこ: キャンプ場の五右衛門風呂もあるけどね。うちらのお風呂の候補は・・・
1、スペイン村の「ひまわりの湯」
2、合歓の里の「潮騒の湯」
3、「ねぼーや」
4、「ともやまの湯」

1と2は昨年の伊勢志摩エバーグレイズの時にも行ったので却下つーことで3と4に行ってきました。
 
「ねぼーや」は小さな温泉旅館で貸切と大浴場あり。大浴場は名とは違うこじんまりとした家族風呂です。でも空いていたので独り占め状態だったのでよかった。
「ともやまの湯」は大きなホテルのよくあるタイプです。ジャグジーが気持ちイー。


鮎吉: ここは海の幸が豊富やから新鮮な魚介類が食べれていいとこだよな 前のあづり浜で釣って食べたかったけど坊主で終わったし

りりこ: 釣り屋のおっちゃんがゆーてた「ウラ」に行かんといけんのよっ

鮎吉: 次こそはヒラメを釣ってりりこにご馳走しよう。。。。って夢を見る

りりこ: 鮎吉がアジをヒラメと言ってご馳走してくれる。。って夢を見た ほなみなしゃんさいなら〜♪
| 三重県キャンプ場 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
| - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://marukaitechon.jugem.jp/trackback/43
トラックバック