<< 坪の内オートキャンプ場 その2(観光編) | TOP | 赤礁崎オートキャンプ場  その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
赤礁崎オートキャンプ場  その1
JUGEMテーマ:アウトドア!

11月、2泊3日で 赤礁崎オートキャンプ場 にいってきました。
家を am4:00 出発です。

第1日目

まず、目指すは 若狭小浜お魚センター(若狭フィッシャーマンズ・ワーフ)
到着時間 7時過ぎ。

この日、日曜は午前中のみらしく
しかも早朝の為か開店している店もまばら。


う〜〜ん高いような安いような。。
少量買うには ちと高めかも。。

あっち行ってみよっか。
ってことで

約、1時間かけて (初日なので フッ トワークが軽い)
やってきました 舞鶴とれとれセンター に。

開店が9時。
まだ時間があったので 敷地内にある道の駅で野菜などを買う。
すると、、

ブタ汁 あるから食べていきなさ〜い 」
サービスで具だくさんのアツアツをいただきました。
味は薄めのスープです。

      大阪では  トン汁 といいます。
       肉まん  ブタまん 。
       ブタ汁。。。いい響きやおまへんか


          観光客相手とあって  めっちゃ安い!! ということはないかも。
          敦賀の 日本海さかな街 と比べると店舗数も少ないです。


その中でも特価らしきものを狙っていると
お店の主が

主  「お鍋に入れるんやったら 鮮度は落ちるけどコレで十分〜」
鮎&り  「キャンプで食べますねん。お安くお願いっ ちゅっ」
主  「え〜これがいっぱいいっぱい〜」

なかなか手ごわいニャ〜。
それでも、大好物のコッペ(せこ蟹)は ほんのすこーし負けてくれたので ま、いっか。。

         で、肝心の お 味の方は、、その2 を見てね。



そんなこんなで 
途中、食パンと玉子だけ 「ママストアー」 で買い足し


キャンプ場に到着したのが 11時前。
    
      オフシーズンにつき  のんびりキャンプサービスで
      アーリーチェックイン 9時〜
      レイトチェックイン   16時まで  が適用。

ちらほら先客もあり。
サイトは見てから決めていいとのことだったので
サニタリー棟がやや近いこの辺に決定。

【電源あり(水道なし)のELオートサイト】


目前には・・・
真っ青な海 と 真っ青な空 が広がっています。
天気よかったからね〜 初日だけは、、。ギクッ


ちなみに斜め右方向には・・・
【電源&水道ありのサイト】 が。

かなり広めデス。


通路行き止まりから見る風景がスコーンと抜けていて素晴らしく良いです。



ただ、シンクのみで調理台らしきものがありません。
ちょっとあると便利やと思うけどー。


そのサイトの横には松ヶ瀬台場遺跡が。

もちろん 大砲に乗って記念撮影。(ウソ ぶらさがっただけ


私達のELサイトのちょうど裏側にある
【ケビン】

1日目はゼロ。
2日目には3組くらい利用されていたみたい。


【施設】

左上・下: サニタリー棟
右上: 管理棟&売店

サニタリー棟には
炊事場・トイレ・洗濯機・シャワー室が全部納まっていて便利ですが
トイレとシャワー室は奥まっていてオンナ&コドモには少しコワイ雰囲気かな〜。
シャワー室の一角には洗面所があって歯磨き等はこちらでするようだ。

あと もっといろんな箇所を撮りたかったけど
こちらのキャンプ場かなり横広で 全部を歩きまわる事ができなかったー。
もし次回くることがあったら散歩がてら ウロウロしたいです。



さてさて、
この日も2日目もお風呂は・・・
キャンプ場で200円の割引券が買えるので あみーシャン大飯のゆったり温泉へ。 
しかも
第3日曜日は、あみーシャンで無料券を貰える日にあたったので2日目はタダだった♪

展望台のようなお風呂ですが
窓に近づきすぎると駐車場から見えます。裸が。
子供がへばりついているのを目撃。 


1日目は コミコミ で ザワザワ。
近辺のおばさまらしき人多し。
2日目はゆったり入る事ができました。

湯船は1つ。アワアワぶくぶく付き。
洗い場は座った場所が悪かったのか空調が効きすぎて少し寒い。
ドライヤーが2つしか設置されていないので順番待ち。
ま、良心的な金額だし、、、ね。。という印象でした〜ん。



では、その2 に続きます。こちらからどうぞ〜 GO♪

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
| 福井県キャンプ場 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
| - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://marukaitechon.jugem.jp/trackback/23
トラックバック